松島


Date/Time: 2020:01:07 09:35:38
Camera: PENTAX
Model: PENTAX K-5 II s
Exporsure Time: 1/6400
FNumber: 5.6
Aperture Value: 5.0
Focal Length: 21.0

Close

y2trip » 東海道

IPv4 Access: 44.211.31.134 (ec2-44-211-31-134.compute-1.amazonaws.com)

Archive for the '東海道' Category

10

09

2012

東海道 吉原宿散策(村山古道:田子の浦→広見公園)

昨日は雨のため急遽予定を変更して精進湖口へ向かったが、三連休最終日の今日は天候にも恵まれたので村山古道の地図を購入するため東海道の吉原へ向かった.午前中から歩き始めることができれば夕方までには村山浅間神社まで辿り着くことができるが、田子の浦海岸に着いたときには既に午後一時を廻っていたので、とりあえず今日は行けるところまで歩いて見ることにした.

11

03

2009

富士のけぶり(薩埵峠)

風になびく富士のけぶりの空に消えて ゆくへも知らぬわが思ひかな
69歳の西行が二度目の陸奥へ旅をした際に詠まれた歌で、慈円の『拾玉集』によると西行が自讃歌の筆頭にあげていたという.

4

03

2009

東海道(金谷宿から日坂宿へ)

古くから歌枕として多くの和歌に詠まれてきた『小夜の中山』は、東海道の三大難所として知られており、西行が絶唱した『小夜の中山』を実際に歩いて見ることにした.

3

22

2009

小夜の中山(東海道:日坂宿 ー 金谷宿)

かつて晩年の西行法師が『年たけてまた越ゆべしと思いきや 命なりけり小夜の中山』と詠んだ東海道の難所である小夜の中山を歩いてみた.

1

12

2009

鴫立沢:神奈川県大磯町

こころなき身にもあはれは知られけり 鴫立つ沢の秋の夕暮れ
この歌は西行法師が神奈川県大磯町の海岸付近を吟遊した際に残した歌とされている.東海道線の大磯駅から歩いて数分の国道1号線に面した所に『鴫立庵』という茅葺き屋根の俳諧道場が建っていた.

Calendar

July 2024
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • Links

  • Meta